りそな
世界資産分散ファンド

日記

ヘッジファンドへの投資家

りそな 世界資産分散ファンド株式ファンド投信などの関連情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ヘッジファンド からの情報>

ヘッジファンドへの投資家は年金基金や退職金基金、銀行、投資顧問等の機関投資家が中心である。

日本の年金基金もヘッジファンドをポートフォリオに組み込む動きを強めているが、ヘッジファンドのデューディリジェンスの能力を単独で持ち得る年金基金はあまりないことから、ゲートキーパーと呼ばれるヘッジファンド専門の投資顧問の運用するファンド・オブ・ヘッジファンズ(Fund of Hedge Funds、FoHF)への投資という形態をとっている場合が多い。

FoHFは1つのファンドに投資するだけで様々な運用戦略のヘッジファンドへ分散投資する効果が得られる他、有力FoHFの場合は後述の投資家層を非常に絞っており投資が容易でない人気ファンドへのアクセスを売りにし単独では投資できないファンドに間接的に投資出来るという効果もある。

一方で、FoHFの投資先である個別ファンドとFoHFへ二重に信託報酬を支払うことにもなり、昨今のヘッジファンドの平均リターンがようやくプラスという状況では信託報酬の分、最終投資家へのリターンが相当圧迫されることになる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36535445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。