りそな
世界資産分散ファンド

日記

投資の最低額

りそな 世界資産分散ファンド株式ファンド投信などの関連情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/ヘッジファンド からの情報>

投資の最低額が、日本円で1億円以上と高額である場合が多く、
ヘッジファンドの参加者はアメリカで99人以下、
日本でも49人以下(証取法で規定する少人数私募の場合の勧誘数上限。
適格機関投資家向け私募投信の場合は、人数制限はない)と少人数に限られる。

募集金額にあらかじめ上限が設定されていることなどから(理由は後述)、
資産規模は一般の大型投資信託に比べてあまり大きくはない。

一般の投資信託は、投資対象や投資手法などが規制され、
情報の開示などが義務付けられているが、
ヘッジファンドは一般的に私募による投資信託であるため、
同様の規制は受けず自由な運用が可能となっている
(当然、四半期や月次ベースでの投資家に対するリポーティングは行われる)。

ヘッジファンドはその投資戦略にもよるが、空売りを積極的に利用するものや、
金融派生商品へ投資するものも多い。

公募の投資信託は機関投資家のみならず投資に明るくない個人も
投資していることから、投資家保護のため公募型投資信託の運用には様々な
法規制がなされており、多くの国では空売りや金融派生商品への投資等に
制限がかけられている。

このため、多くのヘッジファンドは公募ではなく私募形式を採用している。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。